投稿日:

今年のベストと、映画から学んだこと

2012年くらいまで映画をみてこなかったのですが、就職浪人を機に映画館でみるようになりました。

毎年個人的にベスト書いてるので今年も終わりに近づいてきたので
映画ベスト書いておきますっていてもそんなに本数みてないので
全然漏らしまくってますが

2016
1.何者
2.この世界の片隅に
3.ヤクザと憲法
4.pk
5.ヒメアノ~ル
6.怒り
7.クリーピー
8.ケンとカズ
9.デストラクションベイビーズ
10.キャプテン・アメリカ シビル・ウォー

今年はもう何といっても「何者」でした!

なにがよかったのか?

ややネタバレありなので読まないでください)

この映画はよかったというより、とにかく傷ついてしまった。
どんなに格好悪くても、それがどんなに稚拙なアウトプットでも
アウトプットしし続けないかぎりは何者にもなれないって話だと思いました。

で自分以外の誰かがアウトプットしてるところをみてるときに、
ありがちなのが、自分は評論家ぶって分析して、何もしていない。

その割に心のなかで思うわけですよ。
「俺ならもっとすごいことできるし」

うわーーーーーーーーーーーーー
(書きながら傷ついてる)

そういう自分の醜い部分がこれ以上ないかたちで後半暴かれてまじで死ぬかと思いました。
でもこの映画のいうとおり、頭のなかにあるうちはなんだって傑作なんですよね。
ホドロフスキーのDUNE(未完成の映画)じゃだめなんですよ。

そして僕が推さざるをえない最後の仕掛けにも完全にやられました。
ここは完全なネタバレになるのでもう誰かと話したい。

会場からでると「意味わからなかった」とか「映画にする意味ある?」とか
言われていたけど、みんないい人なんだと思う。


そのほかよかったものは?

「この世界の片隅に」はもうネットであれだけ話題になってるので
今更ですけどもう観なくちゃいけないですよね。

能年玲奈ちゃん再ブレイクしてくれ。

「ヤクザと憲法」は、いじめの映画だと思った。
若くしてヤクザに入った青年が、(多分自分の経験を)語る学校のいじめを通して、
後半ヤクザの置かれている状況と共通点が明らかになってくる見せ方がよかった。

2014年、2015年メモ

いつもtwitterに垂れ流してたので2014,15も書いときます。

【2014】
1.ウルフ・オブ・ウォールストリート
2.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
3.アナと雪の女王
4.ニンフォマニアック
5.ベイマックス

【2015】
1.マッドマックス 怒りのデス・ロード
2.アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
3.激戦 ハート・オブ・ファイト
4.セッション
5.百円の恋
6.レゴムービー
7.アントマン
8.キングスマン
9.グリーン・インフェルノ
10.海街diary

来年もいい映画に会えますように。

投稿日:

今年の夏は後輩のTシャツを週一で着ている

どうでもいいけど今年の夏はGood Boy Jabの
もう一人のギターのクソトビー修があしらわれたTシャツをよく着ている。

こちらがそのTシャツです。もちろんSUZURIで作ってます。
https://suzuri.jp/nagisanotetsui/
IMG_9351

元々はフルカラーバージョンで社内のデザイナーさんが作っていたのですが、
昔買えなった真島昌利のTシャツっぽくしてもらいたいと思ってお願いしたら
すぐに作ってくれましたので購入しました。

販売ページに行くと石飛監督となっておりますが、彼は『渚の鉄槌』という
自主映画をとっていてなぜかyou tubeでの再生回数が15,000回を超えています。
ジャンルは「カンフーサスペンス」らしいです。なんだそれ。

映画 『渚の鉄槌』 本編 – YouTube

■同期のブログ
インターネットをさがして ─映画『渚の鉄槌』に寄せて─ – インターネットブログ http://shikakun.hatenablog.com/entry/2016/06/19/082453

6月にはおしゃれなバーで上映会を深夜からやって、
30分くらいの映画なのに、朝まで同じインタビュー、
同じ映画を8回くらい上映するイベントをやっていました。頭おかしい。

しかもそんな頭おかしいイベントに社内の人が30人くらい来ていました。

■そのときのイベント告知用のサイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/nagisa

■当時のイベントの感想をしたためる先輩のブログ
「渚の鉄槌」の試写会に行った。|モハゑ|note
https://note.mu/mohariyoshi/n/n186ba5dc4538

やばい、もう書くことありません。