投稿日:

今年のベストと、映画から学んだこと

2012年くらいまで映画をみてこなかったのですが、就職浪人を機に映画館でみるようになりました。

毎年個人的にベスト書いてるので今年も終わりに近づいてきたので
映画ベスト書いておきますっていてもそんなに本数みてないので
全然漏らしまくってますが

2016
1.何者
2.この世界の片隅に
3.ヤクザと憲法
4.pk
5.ヒメアノ~ル
6.怒り
7.クリーピー
8.ケンとカズ
9.デストラクションベイビーズ
10.キャプテン・アメリカ シビル・ウォー

今年はもう何といっても「何者」でした!

なにがよかったのか?

ややネタバレありなので読まないでください)

この映画はよかったというより、とにかく傷ついてしまった。
どんなに格好悪くても、それがどんなに稚拙なアウトプットでも
アウトプットしし続けないかぎりは何者にもなれないって話だと思いました。

で自分以外の誰かがアウトプットしてるところをみてるときに、
ありがちなのが、自分は評論家ぶって分析して、何もしていない。

その割に心のなかで思うわけですよ。
「俺ならもっとすごいことできるし」

うわーーーーーーーーーーーーー
(書きながら傷ついてる)

そういう自分の醜い部分がこれ以上ないかたちで後半暴かれてまじで死ぬかと思いました。
でもこの映画のいうとおり、頭のなかにあるうちはなんだって傑作なんですよね。
ホドロフスキーのDUNE(未完成の映画)じゃだめなんですよ。

そして僕が推さざるをえない最後の仕掛けにも完全にやられました。
ここは完全なネタバレになるのでもう誰かと話したい。

会場からでると「意味わからなかった」とか「映画にする意味ある?」とか
言われていたけど、みんないい人なんだと思う。


そのほかよかったものは?

「この世界の片隅に」はもうネットであれだけ話題になってるので
今更ですけどもう観なくちゃいけないですよね。

能年玲奈ちゃん再ブレイクしてくれ。

「ヤクザと憲法」は、いじめの映画だと思った。
若くしてヤクザに入った青年が、(多分自分の経験を)語る学校のいじめを通して、
後半ヤクザの置かれている状況と共通点が明らかになってくる見せ方がよかった。

2014年、2015年メモ

いつもtwitterに垂れ流してたので2014,15も書いときます。

【2014】
1.ウルフ・オブ・ウォールストリート
2.ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
3.アナと雪の女王
4.ニンフォマニアック
5.ベイマックス

【2015】
1.マッドマックス 怒りのデス・ロード
2.アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン
3.激戦 ハート・オブ・ファイト
4.セッション
5.百円の恋
6.レゴムービー
7.アントマン
8.キングスマン
9.グリーン・インフェルノ
10.海街diary

来年もいい映画に会えますように。

投稿日:

チームメンバーを調子にノらせるサイクルを作る!

上司が書いた褒めるマネジメントのアンサーブログです。

昨日目の前に座っている上司の安宅さんのブログに
自分の話がでてきてて、普段意識していることをブログにまとめて
アウトプットすること大事だなと思いました。

どう考えて自分が褒めるようにしているかということをまとめておきます。

■ちなみに上司のブログはこちら
http://atk1983.jugem.jp/?eid=858

先日、僕が管理しているチームのリーダー(新卒入社5年目)と、
後輩スタッフB(新卒入社2年目)と飲んでいた時に、
リーダーが後輩に対して、「自分の強みは他者とリレーションを作れるところだけど、
自分が2年目の時は、B程上手にできなかったので、そこはBの強みだから自信持っていいよ!」
と言っていたのを聞き、「良いこと言うな!」と思いました。

その後色々話す中で、そのリーダーが自分の強みに気付けたのは、
面談の場で僕がリーダーに対して、リーダーの良い行動面を幾つか伝えたのも
自分の強みに気付いたきっかけの一つになったと言われて、
先輩から後輩への褒めのポジティブサイクルが生まれている!
自分も率先してスタッフみんなの良いところを伝えていこうと思いました。

・強みは意外と自覚していない?

そもそも意外と自分の強みに気づいてなかったりしませんか?

僕は面談で、上司に褒められる前に「強みはなんなの?」って聞かれ、
即答することができませんでした。

即答することができなかった理由は
そもそも自分の強みについてそこまで考えてこなかったことがありますし、
あと、そもそも自分の強みを話すなんてちょっと恥ずかしいと思っていました。

しかし、そのときの面談で上司に

・関係構築能力がある(社内・社外を問わず、関係を築き、結果に結びつける力がある)
・ポジティブ(会社をよくしようと前向きに仕事ができる)

と強みを言ってもらうことで自覚することができました。

・強みを自覚することで何ができたか?

能動的になることができました。

自分の強みを言われると、調子にノり、強みを活かすことができないかと考えるようになり
自分の良さはポジティブで、関係構築能力があるので悩んでいる後輩の話を積極的に聴き、
課題を一緒に考えるという行動を起こすことができました。

その中で「人の悩みを聞いて整理することが得意なのではないか?」と気づき、
違う強みを見つけることもできました。

・褒める際に意識していることは?

1.嘘はいわない

当たり前ですが、嘘はバレるため言いません。

2.結果(数字)も褒める

例えば、
「この間の仕事のおかげで、流通額が●●万上がったよ!
これは、実績としては過去やってきたなかでも2番目の数字だよー。」

後輩だと日々の業務をたくさん頼まれていて、自分の仕事が
どのくらい影響がでたのかを知らないままになってるケースもあると思います。

自分で調べろよという部分もあるかもしれないですが、
明確な数字を出してあげると数字にも興味を持ち出し、
よりよい成果をおうようになるのではないかと思います。

3.(あれば)足りていない部分も言う

褒めるだけではもちろん調子にノるだけになってしまうこともあるので
足りていない部分は指摘をします。

・なぜ褒めるのか?

褒めるだけでは調子にノるだけになると書きましたが、
調子にノってるときこそ、僕には考えつかないすごいアイデアがでる!と思ってます。
ドンドン調子にノッて、失敗しまくってくれればいいなと思っています。

なので上司が書いているサイクルも大事ですが、
後輩にはこういうサイクルを作ってあげることでもっと面白く仕事ができるんじゃないかなと
思っています。

 

 

投稿日:

メンター制度はじめました!

先月の終わりに人事からご指名をいただき、
新卒のまーさー( @ma_sa33 )のメンターになりました。
会社として制度を導入する場合、 公的メンターと呼ぶらしいです。

僕がメンターになったことを伝えると「複雑です!」と言われました。
だれか僕をメンタリングしてくれ!

とうことでメンタリング入門を読みました。

■メンタリング入門 (日経文庫)
http://booklog.jp/item/1/4532110939

■ここにもよくまとまっていた
http://himuka.miyazaki-c.ed.jp/kyousyokuin/ojt/data/ojt_07.pdf

メンターは何をするのか?を分解してみた

いつ?
期間限定(2〜3年)内で

どこで?
職場や、職業という世界において

誰が?
上司ではない先輩社員(メンター)が

誰に?
後輩社員(メンティ)に

なにを?
・教える
・アドバイスする
・サポートする
・叱責する
・アクティブ・リスニングする
・情報提供する
・人間関係を作る

なぜ?
・キャリア発達を援助するために
・組織の中で自動的に機能できるように

どのように?
・信頼関係を築いて
・自分らしさを持って
・自分の価値観を押し付けずに
・自分の限界を認めて
・相手に対して誠実に
・相手の立場に立って
・寛大さを持って
・未来は今よりよくなるという信念を持って
・絶対他者にに口外せずに

 

ということだそうです。

定義をみてもよくわからなかったので分解してメモ。

基本的には悩んでる後輩と接してるときと変わらないんだなと思いました。
土台はこれとして、あとは細かいところはメンティと一緒に詰めていきたいなと思っております。
本当基礎の確認だけになった気がするので、いい本を知ってる方がいましたら教えてください!